民事再生のメリット


自分で借金を返済できなくなってしまったときの救済措置として優れている民事再生は、弁護士も提案することが多い手段の1つですが、民事再生は様々なメリットがあります。その1つに最大で10分の1まで借金を減額することができる特徴があります

自己破産金額に応じて減額の限度がありますが、1,000万円の借金なら5分の1の200万円の減額まで認められているので、原則3年の期間で返済していくので、1,000万円が200万円の減額になるのはとても大きいので、この金額であれば自己破産することなく返済できるという人も多いです。

大幅な減額でできるというだけでなく、民事再生は財産を処分しなくて良いというメリットが大きいです。財産を残したまま借金の額を減らして、余裕を持って返済できるという点では、他の債務整理の手段と比べると気持ち的にもかなり楽です。

独身の人なら自己破産しても周りに迷惑がかからないことも多いですが、家族がある人が自己破産をしてしまうと、家族にも悪影響を与えてしまう可能性があるので、そうならないためにも、家族がいる人は弁護士に相談して民事再生から検討することをおすすめします。そうすることで自分だけでなく家族など周りの人に大きな負担をかけることなく借金を返済することができます。