民事再生の手続きの方法


個人で民事再生をするときはまず弁護士に相談してください。素人が全てを1人で手続きするのはとても難しいです。だからこそ借金問題に精通している弁護士に相談して、民事再生の手続きをするようにしてください。借金問題を専門としている弁護士に相談すれば、必ず借金の問題を解決してくれます。

必要書類弁護士に相談して必要書類を用意します。民事再生の必要書類は、申請書、戸籍謄本、ローンの契約書などを用意しなければいけませんが、人によって準備する書類が異なってくるので、どのような書類を用意すればいいか弁護士に相談してください。

次に申立費用を準備します。個人で民事再生をするには個人再生委員を選任する必要があるので、選任する際に発生する費用を準備します。選任した個人再生委員が借金をしている人の収入や財産、借金の調査をしてから再生計画案を作成します。

ここで作成した再生計画案を裁判所に提出して、この書類が裁判所に認めてもらうと再生計画案を元に返済をすることになります。全員が認可されるというわけではなくて不認可になってしまう場合もあるので、そうならないためにも弁護士としっかり相談しながら認可してもらうように手続きを進めていくことが重要です。

参考HP>>>債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所